<< いろいろひさしぶり | main | 仕組みを理解しないということ >>

スポンサーサイト

  • 2013.12.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ギターかんせい


ついにできました。
素材は学研 大人の科学 のミニエレキ。
今回わかったのは素材をいい加減なものにすると後々ものすごい苦労するということ。
ボディをベニヤの積層にしたのは以前のエントリでも書いた通りで、それが塗装前の段階で絶望的なほどの悪影響を及ぼしたのです。
すぐ欠けるし、太い導管があるし、シーラーを使っても埋まらない。
ポリパテを溶いたものでも塗りたかった……。
あとはレジン塗るとか。

もう表面の処理などどうでもよいのです。
早く鳴らしたい、その思いだけで作業してました。
そして致命的なものを犠牲にした。
ボリューム兼スイッチを破壊したのだ。
泣いても仕方ないのでアルミホイルを丸めてボリュームの金具の下に押し込んで常にonの状態にした。
と、いうことで電池を抜かなければ電源はoffにならない。

困ったことばかりを挙げましたけど、当初の目的であるチューニングの狂いの軽減というのは容易く、ではないけれども解決された。
このギター、チューニングの際は六角棒レンチを使ってキャップボルトをしめることで、蝶ナットが後ろに下がり弦のテンションが強くなるという変態仕様。
こんな感じ↓


あと、KORGのiMS-20を買っちゃいました。
かくして私の新たな音楽生活が始まったのです。


スポンサーサイト

  • 2013.12.19 Thursday
  • -
  • 00:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM