<< ちょいと聞いてくださる? | main | うっすーい >>

スポンサーサイト

  • 2013.12.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


悲しく、そして嬉しく、やはり悲しく、けれどもその化学反応を称揚しよう

諸君等は何故に僕の経験を限りなく、そして幾度となく無にしたがるのか、そう問いたくなることがあった。部署が変わり、そして次は店舗が変わるのだという。こまったものです、と肩をすくめるような余裕はその時の僕も持ち合わせておらず、そうですか、と諾うほかなかった。サラリーマンなんだもん。

などと言っても結局、この異動が悲しく思えるのは今までの経験が無効になることよりも、ここの職場で築いた人との繋がりが終わってしまう、そう感じたからだ。僕の社会復帰のためのリハビリテーションに付き合わせておいて、来週にはここにいませんので……、というのはあまりといえばあまりにも酷い。

とはいえ未だ見ぬ光景を絶望的だと断ずるにはまだ早い。それは、引っ越しすら始まっていないからだ。でも、ただ場所が変わるだけ、と言い切れるだろうか。やはり物理的な懸隔こそが現代でも人との関係における重大な桎梏なるはずだ。と思っていたらわかる人にはわかってしまったみたいだ。最近の僕は思っていることがすぐに表情に出てしまうようだ。進歩か退行か判別はしがたいが今は叙情をこそ大切にしたいと思っている。

そして各所から餞別をたくさんもらった。ものであったり、行動であったり、嬉しいものばかり。そのなかでもとりわけ大切にしたいものは1冊のアルバムなのだ。これこそがここ数ヶ月で体験した奇跡的な時間のひとつの成果物で、今後の僕に対する明確な方向性を与えうるものだと直観した。僕のつくったものと、そのファインダ越しの視線との衝突が全く違うものもを生み出し、拙作を別のものへ変質させてしまった。その制作過程も完璧すぎるほど理想的であり、だからこそ僕の現状を顧みるにこれは夢と等しいのではないかと考えてしまうし、実際に夢になりつつある。ここで物理的な懸隔が夢と現実とを引き剥がしにかかってくる――この夢が餞別ではないにしても。餞別ではないと力なく囁かれたとしても。

実は今でもあの人が実際に存在しているのかということを疑っている。それほどに奇跡的な人物だ。言語感覚、感性、所作どれをとっても完璧だ。だからこそ疑っているし、興味が尽きない。

“Qui est elle ?” と何度でも問いたくなる。

スポンサーサイト

  • 2013.12.19 Thursday
  • -
  • 21:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM