<< 過去の日記:お花屋さん | main | 散逸したメモリ >>

スポンサーサイト

  • 2013.12.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


あえて言うまい

 久しぶりの更新。
 ということで最近のお酒環境をお伝えする。
 いろいろ考えた末、寮にお酒をおくことはやめた。
 そのかわりにどうしても飲みたいときは実家に帰るか、バーに行くかという二択にした。
 これがどうにも具合がいい。
 というのもバーは代行とか含めると1万5千以上はかかるかるからで、薄給の身としては月に数回しか行けない。
 これからはアルコールの摂取量を落としていった方が絶対にいいだろうし。
 手持ちのお酒もどんどん減らしていければもっと健康になれる……。
 
 とはいえ、月に数度の楽しみにまで昇華されたのは決して経済的な動機からだけではない。
 やっぱりいいお店があってこそ我慢ができる。
 日によってそして田舎なので一人でゆっくり飲むこともできるし、時には喧噪の中でぼんやりしていることもできるという環境面の飽きなさは他のお店では味わえない。
 あとはなんとしてもすばらしいお酒と出会える、出会わせてくれるというのが一番大きい。
 今はダンカンテイラーのピアレスシリーズを順番に試している。
 ボウモア24年のバーボンカスクなんて想像の埒外にある味わいだった。
 アイラ独得のピーティな感じが全く弱くなっている訳でもないのに、花の香りとかバーボンカスクに由来すると思われる重く甘い香りも強くて、ピート香が完全に後退してしているように感じられた。
 スペイサイドではストラスアイラ41年も試してみた。
 たまにスペイサイドは扁平で無個性なものもあるけど、これはさすがにお年を召しているだけあって深みのある香り、後味だった。
 
 あとバーに行ったときに気をつけていることがある。
 それは話の流れで店主に感想を求められても余計なことは言わないということ。
 専門家を前にして味の解剖のような真似をすることの愚かしさというのは筆舌に尽くしがたい。
 満足できたということだけを端的に伝えればいい。
 感謝のことばの手触り感をちょっとだけ理解した最近の僕はそう思うのです。
 真摯に接してくれる人を前にすればその傾向はなおさら強くなる。
 巧言令色、鮮し仁。こんなときはそう思う。
 当然に言葉を尽くしたいときもあるし、せざるを得ないときもある。
 そうでないと伝わらないこともある。
 
 どうでもいいことを考えたり、ぼーっとしたりする時間は大切。
 明日を乗り切る算段はそのあとでいい。
 どうせどうにでもなるのだし。
 悪い方向にだけは傾かないようにちょっと注意すればいいだけ。
 でもそれが難しい。
 

スポンサーサイト

  • 2013.12.19 Thursday
  • -
  • 22:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM