<< 怠惰りずむ | main | ガジェットたちは消費社会における心の鎮静剤である >>

スポンサーサイト

  • 2013.12.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


街談巷説に辟易した日

職場は案の定賑やかだった。
ハレというか躁状態のように感じられた。
ファッドとはこういう状態を指すのだろうか。
何が怖いというわけでなく、人と目を合わせるのが嫌な日だった。
もちろん僕が狂れていた可能性の方が高いのだけれど。

ああ、山の麓でひっそり暮らしたい。
1年で何回五月病をやればいいのだろうか。
平穏てなかなか手に入らないものだ。

そうそう、最近よく騙される、あんど騙されそうになるんだよ。
金銭的被害とかはないし犯罪の匂いもしないけれどね。
数ヶ月がかりで騙された、いやこれについては嬉々として騙されにいった、こともある。
虎穴に入らずんば……というやつです。
楽しめた、それなりに。
今の生活の主となる部分とはまた違うところに位置するふわふわした夢のような物をいただきました。

身についた技能は、出鱈目を書く能力?
出鱈目にだって価値はあるよ。

スポンサーサイト

  • 2013.12.19 Thursday
  • -
  • 01:19
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM