スポンサーサイト

  • 2013.12.19 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今までより余裕なんだけどね

ずぼらかつ早寝になってしまったので更新頻度が残念なことに。
平日は9時前に寝ちゃうこともあるのです。

日々、ここ最近については特に、興味深い体験ができるからいいのだけど。
とはいえめんどくさいことは山積していてなかなか、なかなか。
どこに行ってもそこには結局のところ辛い時に逃げ込める場所があるのです。
それって凄く精神衛生的にいいことだね。
1年前よりは全然楽だけどさ。
今の業務内容から考えれば疲れたら負けだし、僕が疲れたら仕事できてないことの証左なんだ。
だから定時出勤、定時退勤はかなり徹底するようにしてる。
僕がやらなくてもいい仕事というのは世の中にたくさん、それはもうたくさんある。
早く帰れた方が僕としてもハッピィだし。

今日は週末なので夜更かしタイム。
というかちょっと飲んでたので1時間くらい寝てた……。
最近の個人的な流行は芋焼酎!
ウィスキーに飽きて行き着いた先なんだけど、この時期のロックはほんとに最高だね。

今の生活リズムは本当にいい。
日月休みというのは人間的かつ遊びやすい最高の形だね。
土曜の午後から休みへの期待を膨らませて、日曜はごろごろ、そして人が少ない月曜は外出がすこぶる快適。
月曜はオーズの劇場版を観に行く予定。
同僚のお姉さんは2日あれば旅行に行っちゃうみたいだけど僕にはそんな行動力はなかったのである。
その行動力分のエネジィは別の場所で使うのです。
それが僕という人間なのだ。
世界は広くではなく、深くしていきたい。

じょぶちぇんじ

職場の中で大規模な配置転換。
花屋は廃業だぜ。
花屋、そしてかつての金具屋としての記憶は以後も語り継がれていくであろう……。

趣味としての園芸というのはかわりませんし。

今度はもっと巨視的にまわりをみないといけないところ。
一年とちょっとでこんなところへきてしまうとは……。

また最初からやりなおし。
まあ、日曜休みが固定化されたのはすなおに嬉しい。
スーパー戦隊&仮面ライダーが生で観れるよ!!
、というのは今までと変わらないけど、休みでなおかつ生で観れるということに意味があるのだ。

なんだかとても眠いんだ


眠すぎて仕方が無いです。
当社比150%くらい眠さ増量です。
……ということはさておき、またしても音楽の片鱗を公開。
そろそろ全体の感じがつかめてきた。
成長日記的な……。

眠たいこと以外にも誘惑はある。
主にゲームとかゲームとかゲームとか……時期的おかしいと思うけどPSP買っちゃったし。

そういう欲を殺してなんとか、ちょっとずつつくっている訳です。

[VOON] My Song 9

僕程度では単調なものをつくってからそれに肉付けしていくという方法しかとれないようだ。
相変わらずつくってる環境はGarageBand for iPadで、今回はリズムと一部のパーカッション用としてiElectribeを使用している。


おひさしぶり


出張先での休みはとても暇です。
なので久々に日記でも書こう。

音楽づくりちょっとずつ進んでます。
何回目の台詞かはわからないけど別の面では大きく進んだのだ。
そう熱き協力者が見つかったのである!
……僕の数百倍うまいんだけどね。
されどいろいろ気を遣ってくれるベースさんです。
これでなんとかなりそう、させなくちゃ。

今日もほんとはギターの練習をしたいところだけど、持っては来れなかったのでiPadで別のパートを録っている。
ギターが欲しくなる気持ちと、iPadの限られた性能とたたかいつつ。
iPad2は火曜に手に入る!
それまで耐えるのだ。

エフェクタ楽しい……

昨日はマルチエフェクタ買っちゃった。
アンプに繋いで弾いてみたかったけどシールド買うの忘れたからあたわず。
まあ、それは我慢するということでiPadとの接続を試みる。
エフェクタの入力にギターを繋ぎ、出力はiPadのカメラコネクションキットに繋がっている安いオーディオインタフェースへと行くようになっている。
また、オーディオインタフェースの出力はスピーカへと繋がっている。

楽器屋さんでも長時間試奏していたものの、プリセットも多いし設定もけっこう細かくできるので正直めんどくさいなあとも思っていたけれど、触っているうちに存外親切設計だなとも感じるようになった。

iPadが万能すぎてエフェクタに付属していたCubaseを使う気が起きない。
鼻の調子も良くなってきて久しぶりにお酒なんぞを飲みながら弾きました曲がこちら……。
音を鳴らすのが楽しくて仕方ない。
ドラムをもっと考えて組み立てればこれに欠けているメリハリがつくはず。


[VOON] My Song 7

そろそろ環境を進捗状況の言い訳にできなくなってきた

ついにギターを買っちゃった。
カラーリングは初代と同じ白黒でテレキャスタイプ。
なんと弾きやすいことか。
4弦から6弦になったので低く力づよい音も出せるようになった。

買ったのはちょっと前なのでいつも通りぱっとしないデモ音源ができているのだけど、機を逃してしまいアップはまた後日に。

あと、ギターを取寄せてもらった店で昔の友人が働いており、ここで意外な再会を果たすのであった。
ここまで来るのにも紆余曲折はありましたが僕の新企画はそれでも進んでいるみたい。
まあなんでもかんでもをひとりでやらなきゃならん理由なんてないから行き詰まったら誰かに手伝ってもらおっと。

最近はiPadにギターを繋いで録音とかやっているんだけど、やっぱり立ちながら弾かないと疲れるしGarageBandでの編集も手元でできるようになるので譜面台のようなiPad用のスタンドが欲しい。
もちろんDIYなのですが。



iPadから送信

おわり

ちょっと鼻を患っていたのだけど、いよいよラフロイグの香りすらわからなくなった。
お酒はもうやめるほかないのかな。

ものの匂いがわからないだけだけど、それというのはやっぱり僕の中で大きな意味をもっていて、その度に気分が落ち込んだり苛々したりする。

食べること自体をそれ程楽しまない人や、アルコールの類をやらない人には理解しがたいことだとは思うけど。

でも食べ物もお酒もおいしくない世界というのは相当に終わってる。

GarageBand for iPad を使ってみて

Drums

MacのGarageBandを使い始めた時は、簡単で多機能だなと思ったけど、iPad版のGarageBandはそれを超える使いやすさだった。
一番嬉しかったのはドラムのパートが簡単につくれるようなったことだ。僕は千手観音ではないのでドラムと呼ばれる一連の打楽器群を同時に操ることはできない。なので、ひとつとかふたつの打楽器を鳴らしながら録音して、その上から別の打楽器を鳴らすことで総体としてドラムのパートというのを作っている。iPad版ではその方法が簡単に実現できてしまう。
アンドゥを一回しかできないのが弱点ではあるけど、やり直しがきかないとなるとちょっと出来が不満でも次に進もうという諦めというか、前向きな気持ちのようなものが生まれる。まだ一曲もつくってない僕にはうってつけの仕様だと思う。
Macの方でも重ねながらドラムの音を作っていけるけど、ドラムだけでたくさんのトラックができてしまい、操作が煩雑になりがちだった。それに体裁を整えること自体が目的になってしまいやる気がそがれてしまった。今は曲の根幹となるこの部分で頓挫することはなくなったと思う。


Keyboards y Synthesizers

曲をつくる上ではKORGのiMS-20に取って代わることになるだろうと最初は思っていたけどそうとは一概に言えない。というのも、打鍵の強さによって音の強弱も変化するからだ。これがなんとも鳴らしていて楽しい。ホンモノのキーボードを鳴らせばもっと楽しいけどいかんせん場所が無いのです。


Guitar Amps y Stompbox Effects

ギターを繋ぐにはUSBオーディオインタフェースの類いが必要になってくるけど、引っ越しのごたごたで今手元に無いので試すことができていない機能。僕のちっちゃいギターとiPadが合体しちゃう訳ですね!とっても楽しみです。アンプもエフェクタもMacのGarageBandと同じみたいなので、戸惑うこと無くいつもの音が出せそう。


で、結局最初の楽曲撰集はいつできるのか

iPadは楽器アプリも結構充実しているので、そのうち楽器用iPadからライン録音でGarageBand用iPadへ録音するという正気を失いつつあるような、それでも大変に面白そうな音楽作りもやっていきたいと思っている。
当面はiPadでアウトラインをつくってMacで編集と味付けをしていくという方法を採るけれど。でも、最大の問題が……。Macの方の現バージョンGarageBandではiPadが吐き出したファイルを読み込むことができない。
ミックスダウンしてAACにしたファイルを使うこともできるけど、後々の調整がとてもめんどくさくなるはず。はやくアップデートしてほしいものです。

デモがすぐにできちゃった。
[VOON] tr02_04

ガジェットたちは消費社会における心の鎮静剤である

ここ数日憤懣やる方ない気持ちを抑えきれずに言葉が暴れていました。
そこらにのたくっていた言葉をまとめてぶつけてみました。
怒り狂っているときは一人で悶々としないほうがいいと知った。
いろいろ能書きを垂れましたが、結局は行動で証してみせるより他にないのです。

街談巷説に辟易した日

職場は案の定賑やかだった。
ハレというか躁状態のように感じられた。
ファッドとはこういう状態を指すのだろうか。
何が怖いというわけでなく、人と目を合わせるのが嫌な日だった。
もちろん僕が狂れていた可能性の方が高いのだけれど。

ああ、山の麓でひっそり暮らしたい。
1年で何回五月病をやればいいのだろうか。
平穏てなかなか手に入らないものだ。

そうそう、最近よく騙される、あんど騙されそうになるんだよ。
金銭的被害とかはないし犯罪の匂いもしないけれどね。
数ヶ月がかりで騙された、いやこれについては嬉々として騙されにいった、こともある。
虎穴に入らずんば……というやつです。
楽しめた、それなりに。
今の生活の主となる部分とはまた違うところに位置するふわふわした夢のような物をいただきました。

身についた技能は、出鱈目を書く能力?
出鱈目にだって価値はあるよ。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM